133a26591145dac1b4d9a47548f56732_m

クレジットカードの審査を比較

クレジットカードで忘れてはならないのが審査です。
審査基準を比較しておかないと、審査落ちとなる可能性が高くなります。
自分が審査通過できるクレジットカードなのか比較することは、クレジットカードを発行する第一歩となります。

・クレジットカードの審査に落ちる人とは?

クレジットカードは安定収入がないと、発行することができません。
年収が低いとクレジットカードの審査に落ちると勘違いしているケースが多いのですが、実は年収額はそれほど重要ではありません。
確かに年収が高い方が自由になるお金が多いので、年収が低い人と比較するとクレジットカード審査に通りやすいです。
しかし年収が低くても、安定収入があればクレジットカードを発行できる可能性は高いのです。
毎月きちんと給料をもらえている状態であれば、クレジットカードは発行できると言えるでしょう。

高い確率で審査落ちするのは、クレヒスにブラック情報がある人です。
支払いの延滞や滞納などを起こしたことがある、債務整理をしたことがあり、自己破産を経験している…。
このような場合はブラックとなり、クレジットカードに申込みをしても審査落ちが濃厚です。

・審査に通りやすいクレジットカードは?

審査基準はクレジットカードにより違い、公表はされていません。
ただある程度審査が甘いかを、予想することはできます。

・発行元を比較
審査が厳しいのは銀行系、審査が甘いのは流通系というのが、クレジットカードの通説となっています。
ちなみに審査が激甘なのは、消費者金融系クレジットカードです。
どのクレジットカードと比較しても、消費者金融以上に審査が甘いものはないと言われているほどです。

・年会費を比較
年会費無料クレジットカードは、審査が甘いと言われています。
審査に自信がなければ、年会費無料クレジットカードの中から選びましょう。
初年度年会費無料や条件付年会費無料ではなく、永年年会費無料クレジットカードを選んでください。

・申込基準を比較
クレジットカードには必ず申込基準がありますので、確認しておきましょう。
18歳以上、アルバイト、学生、専業主婦OKといった申込基準のクレジットカードは、審査が甘い可能性が高いです。
逆に申込できる年齢が高い、本人に安定収入がなければならない、正社員のみといったクレジットカードは、審査が厳しめとなります。

審査基準を比較し身の丈にあったクレジットカードを選び、無事に発行できるようにしてください。