5fb169c67d8374d4743f76cef6d2e928_m

クレジットカードの国際ブランドを比較

クレジットカードは加盟店であれば、どこでも使うことができます。
これは国際ブランドが付いているからです。
国際ブランドにはいくつか種類がありますが、国際ブランドを比較してクレジットカードを選ぶ方法もあります。

・初心者におすすめ
使いやすい国際ブランドはVISAでしょう。
日本でVISAというと三井住友VISAカードが有名ですが、今ではたくさんのVISAクレジットカードが発行されています。
なので初心者でもすぐに見つけられる国際ブランドです。
またVISAは加盟店が多く、使いやすいのも特徴。
国際ブランドを比較して「どれにしよう?」と迷ったら、VISAにするのが無難です。

・国内利用におすすめ
世界的に見ると加盟店は少ないですが、国内に絞ると使える場所が多いのがJCBです。
国内でJCBが強いのは、日本で誕生した国際ブランドだからです。
日本人ならではのきめ細かいサービスがあるクレジットカードです。
国内利用に限るならおすすめでしょう。

・ステータスが欲しい
国際ブランドを比較して、ステータスがあるのはアメックスとダイナースクラブです。
加盟店が少ないので使いやすいとは言えないので、クレジットカードの上級者向けのクレジットカードです。

・実は使いやすい国際ブランド
VISAに次いで加盟店が多いのがマスターカードです。
世界中でも使えるので、使い勝手がよくおすすめです。
しかしVISAと比較すると、会員数が少ない国際ブランドでもあります。
日本では三井住友VISAカードがマスターカードも発行するなどクレジットカードの種類も増えてきてはいるのですが、VISAやJCBと比較すると知名度はイマイチ…といった感じかもしれません。

VISA、JCB、マスターカード、ダイナースクラブ、アメックスのクレジットカード5大ブランドを比較すると、初心者はVISA、世界中で使うならVISAかマスターカード、国内で使うならJCB、ステータスを求める・上級者はアメックスやダイナースクラブがおすすめとなるでしょう。

現在は5大国際ブランドにディスカバーと銀聯を加え、7大ブランドとすることもあります。
ディスカバーはアメリカ生まれの国際ブランドで、日本では発行されていません。
銀聯は近年勢力を伸ばしている中国生まれの国際ブランドです。
中国からの観光客が増えたことにより、日本でも銀聯が使える店舗が増加しているようです。
日本でも発行されてはいますが、中国旅行者向けへの発行となっています。